ニキビの治りが悪い

ニキビは昔からできていても治りがだんだんと悪くなります。
10代の頃からニキビ肌で20代以降も大人ニキビに悩んでいる人は
治りが遅くなったり、ニキビ跡がシミとして残っていることを実感している人も多いですよね。
加齢とともにニキビの治りが悪く時間がかかる。。
元々ニキビは毛穴のつまり・汚れが原因で起きるもの。
健康的な若いお肌なら毛穴のつまりや皮脂汚れは皮脂の分泌する力で自然に改善できてニキビができないものだと思います。
しかし年齢とともに肌の新陳代謝の低下や乾燥、血流不足などで
肌のターンオーバーは乱れてしまいます。
毛穴の汚れやつまりが改善できないままなので、治りにくいニキビになってしまうのですね。
肌を元気な状態、新陳代謝のいい状態にするためには様々な方法があります。
保湿をしっかりすること、運動をして新陳代謝をよくすること、
お肌の清潔を心がけること、肌に刺激を与えない、バリア機能アップ、健康的な食生活。
若い頃なら実現した肌の自己修復機能はだんだんと衰え、加齢とともに外部刺激に弱くなり、修復も遅い。
若い頃なら簡単だったスキンケアも年と共に大変になってくるんです。
ニキビが昔より治りが遅くなるのはしょうがないことなのですね。その点を埋めるためにもスキンケアなど努力が必要というわけですね。
最終手段はお医者さんのところに行って強い薬をもらうしかないですね。ただ後にくる副作用が怖いですが。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA